カシモ部屋ログ

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

おひとりさまのグチ

最近、やたらと目にする「おひとりさま」の文字。
ベストセラーになった「おひとりさまの老後」がきっかけでここのところ多用されているようですが、雑誌で特集が組まれていたりそのタイトルのドラマが始まったり・・・。

ほんと、カテゴライズするのが好きなんですね、日本人は。
まず、この「おひとりさま」って、多くが女性に対して使われる言葉ですよね。
独身者なんて男性だって大勢いるでしょうに。
さらに、「独身者」ということ以外にも、「飲食店に一人ではいれる女性」「娯楽施設に一人で行ける女性」など、多くの人が集まる場所に一人で行ける女性のことを取り上げている。
これって、本来女性はどこに行くにもグループで、一人ではあまり行動しないという前提があるような気がします。
そんなの人それぞれでしょ。私は学生のときから喫茶店や映画館、ショッピングなど、一人で行ってたし周りの友人もそういう人が多かった。(だから・・・・ってわけじゃないですよ、たぶん)
わざわざネーミングしなくてもいいんじゃない?
そうやってカテゴライズするから、「おひとりさま」=「かっこいい女性」みたいな変な空気になってくるんじゃない。

話は変わりますが、私も読みました。「おひとりさまの老後」。
今やシングル女性のバイブルとも言われていますが、私は読んでいて若干の違和感を覚えました。
著書のなかに出てくるシングル女性は、往々にしてみんなキャリアがあって安定した高収入のある、都会に暮らしている人。同じような環境の友人がいて。
たしかに一人で社会と闘いながら女性が生活していくのはいろいろ大変だし、世間的にも(まあ、一昔前にくらべたらずいぶん暮らしやすくなっていると思いますが)しがらみも多いでしょう。
かくゆう私もシングルですが、どうもこの著書の登場人物に共感できない。
だって、彼女たちはシングルではあってもその他の点で見てみれば、一般的には裕福な、生活に余裕のある「勝ち組」(この言葉はあんまり好きではないけど)。その、十分に満たされている女性が唯一かけている部分が結婚していないということ、であるかのような表現がちらほら。
そんなに恵まれた環境にあるシングルは全体数からみてもそういないんじゃないかな。
独身で派遣で仕事をしていて収入が安定していない人だっているだろうし、離婚や死別で一人になったひとだっている。独身でも親の面倒を見ている人も・・・。
「おひとりさまの老後」ってタイトルにするには対象モデルの幅が狭すぎます。
老後に備えるための指南書なんでしょうけど、金銭的に余裕があってある程度都会に暮らしている、友人がたくさんいる独身者にとっては、それほど深刻な問題ではないはずです。
都会であれば施設の絶対数だって多いし、高料金・高サービスの施設にだって入れる。周りに友人がいれば楽しみだって色々あるでしょう。
そうではない、独身者の老後への指南が必要なのではないのかなと感じました。
化粧品のトライアルキット(お試し)なんてネットで購入してみる。
[PR]
by chshm65 | 2009-10-16 10:57
かんたんでも美味しいよ >>

★具合はどぅ?★
by chshm65
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧