カシモ部屋ログ

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ひとり」だからこそ

9月1日は防災の日です。
普段はあまり意識せずに生活していることも多いですが、でも、最近各地でほんとに地震が多いと思いません?
地震の速報に関するシステムの機能が上がったからということもあるかもしれませんが、とにかく週に1回は地震速報を目にします。
「防災の日」は普段の忙しさで後回しになりがちな防災に対する意識や準備をする、いいきっかけにはなっていると思います。

そもそも、「防災の日」ってなんで9月1日なのか、とかいつから始まったのか、とかって知ってます?
私、改めて調べてみて、初めて知りました(恥ずかしい)。

防災の日は、1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて1960年(昭和35年)に制定されたものです。
結構前から制定されていたんですね。
でも近年、メディアなどでも「防災の日」が取り上げられるようになったのは、やはり1995年の「阪神・淡路大震災」のあとからではないでしょうか。
そのあとも新潟中越地震や福岡の西方沖地震、最近でも岩手・宮城内陸地震と日本中、世界中でも頻繁に大規模な地震が起きています。
加えて、近年の異常気象によるといわれるゲリラ豪雨やそれによる山崩れ、地盤沈下などもあり、災害がすごく近くに存在するようになりました。

とはいえ、私なんかも実際、災害に備えてなにか備えや地震への対策をしているかといえば・・・何もしていません。
普段は悠々自適な一人暮らしでも、いざ災害にあった時にはどうすればいいのか、頼る人も近くにいないし・・・不安だらけです。

一人暮らしでは、自分の身を守るのは自分しかいません。だからこそ、いざというときの備えが大切です。
せっかくの機会、改めて防災の備えについて、ちゃんと考えてみようと思いました。

まず、いつか揃えようと思っていた非常用の持ち出し袋。ベースとなる必需品はあるにしても、個人でアレンジも必要です。
万一の場合、救助までの数日、自分一人が生きていくために必要な物をコンパクトにまとめて寝室やベッドのしたなどに置いておいた方がよいようです。

参考までに、基本的な中身を紹介しておきます。
・防水ライト(単1乾電池2個付) 
・ろうそく、ライター
・ラジオ
・予備用乾電池
・水(ペットボトル)
・保存食料
・タオル
・軍手
・現金
・救急セット
・靴などの下履き
・ビニール袋・新聞紙

あとは、個人の必要な物を加える。
ただし重くなりすぎないようにすることが大事です。水やラジオなどだけでも結構重くなります。
いざというときに瞬時に持ち出せなかったら意味がありません。

次回は引き続き、災害時の対応などについて考えてみたいと思います。
[PR]
by chshm65 | 2009-09-03 16:53

レンジでチン!

ロフトに買い物に行きました。
夏休みだからかやたらと人が多く、どのフロアもすごかった!

特に目的のものがあったわけでもないんですが、ふと立ち寄ったキッチングッズのフロア。
人も多かったけど、その性別、年齢の幅のひろいこと。
私もちょっと覗いてみました。

なんだか賑やかな一角が・・・電子レンジ用の調理器具の特設コーナー発見。
カラフルで一見何に使うのか分からない、不思議な器具がたくさん並んでいました。
確かに人気のようで、人もそのコーナーが一番多かったような気がします。

いろいろありましたよ。
パスタ麺をゆでる器具や蒸し野菜ができる器具があるのは知っていましたが、そんなどころではありません。
スクランブルエッグや半熟玉子ができるものや1合のご飯が炊ける炊飯器具、インスタントラーメンが作れてそのまま食べれるどんぶりや電子レンジでパエリヤも作れるシリコン製の蒸し器具などなど・・・・。
金額もそう高くない物が多いんですよね。

確かに少量の調理ができて火加減とかの心配もいらない。時間も早いし洗い物も少なくてすむし・・・。
一人暮らしにはもってこいな器具がたっくさん。
こんなんがいくつかあったら外食の回数減らせるかも。お金もかかるしカロリー高いしなあ。

ちょっと気になったのがあったんだよね。

私は一つの用途にしか使えない調理器具が嫌いなんです。
もったいないでしょ?その調理する時以外は眠ってるなんて。そんな収納スペース余裕もないし。

でもこれってそのまま、ひとつの使い道しかないじゃん・・・。
でも欲しくなっちゃったんで、買ってしまいました。
まあ、いいじゃん。安かったし。

『スケーター 手作りとうふ容器 RTM1』¥420

豆乳とにがりを混ぜてレンジでチンッ♪するだけでお豆腐が作れるすぐれもの!

で、早速作ってみました。

①容器の目盛りに合わせて豆乳を入れる。
②スプーンでにがりを静か~に入れてゆっくり隅々までよく混ぜる。
③レンジでチン!(説明通りに間隔をあけて2回)
④出来上がり!
すぐに食べればおぼろ豆腐。しっかり冷やして固めれば冷ややっこに。
ちなみに私は・・・すぐに食べちゃいました。
・・・お!なかなかの美味です。
新鮮でおいしい豆腐が気軽に自宅で作れるなんて、ちょっといいかも。

飽きないで、ちゃんと使おう・・・。
[PR]
by chshm65 | 2009-09-03 14:09

★具合はどぅ?★
by chshm65
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧